今人気のオススメ防風通聖散をご紹介!

本気で脂肪を落としたいあなたへ!防風通聖散徹底比較! 本気で脂肪を落としたいあなたへ!防風通聖散徹底比較!

防風通聖散の副作用

防風通聖散は漢方薬なので、普段飲んでいる薬に比べると副作用は起こりにくいとされていますが、飲みすぎ たり体質に合っていなければ、他の薬と同じように副作用が現れてしまいます。
薬には守るべき用法・容量というものがあるので、当然ですよね。摂取量を増やしたら効果が上がるとも 勘違いされがちですが、漢方薬は飲み続けることで徐々に体質を改善する薬なので、摂取量を増やしても効果 や即効性が上がりません。副作用が現れるだけです。今回は防風通聖散の副作用についてご紹介します。

■防風通聖散の副作用

防風通聖散を服用して起こる副作用には、下痢になる、胃が痛くなる、むくみやすい、高血圧になる、肝臓 機能の低下等、様々なものがあります。

○下痢になる

防風通聖散の副作用で最も多い症状です。防風通聖散には便秘を解消するという働きがありますが、飲み過ぎ てしまったら下痢を引き起こしてしまいます。
元々、お腹が緩い方や下痢になりやすい方は、この副作用を引き起こしやすいとも言われています。

○胃が痛くなる

漢方薬の解釈では、防風通聖散に適している人は体力があり、消化器系が強く、暴飲暴食をする人です。
体力のない方や胃腸が弱い方は防風通聖散が合っていないと考えられるので、胃が痛くなることが多々ある ようです。

○むくみやすい

防風通聖散はむくみ解消の効果がありますが、長期間に渡って服用することによって身体がむくみやすく なってしまいます。このむくみやすくなる症状は薬剤副作用である「偽アルドステロン症」といい、複数の 生薬を長期間服用している場合に症状です。

○高血圧になる

甘草という生薬がお体に合わなかった場合や、長い期間使用していると、薬剤副作用である 「偽アルドステロン症」を発症し、高血圧になってしまいます。防風通聖散に含まれている麻黄という生薬 には、交感神経に作用することで血圧が高くしてしまう効果があるので、注意が必要です。

○肝機能の低下

長期間の服用は、肝機能の低下を招き、正常に働くことができなくなってしまう「肝機能障害」を引き起こす 原因になります。肝臓は「沈黙の臓器」という別名があるくらい自覚症状が現れにくい臓器です。
気づいた時にはかなり進行している状態であることも珍しくありません。発熱や倦怠感、白目が黄色くなる 黄疸や褐色の尿等が見られたら、すぐに検査を受けるようにしてくださいね。

■どうすれば予防できる?

副作用を避けるために、用量・用法を守り、自分の体質に合っているのかどうかを確かめてから服用するよう にしてくださいね。長期間の服用は避けるようにしましょう。
1~2ヶ月飲み続けても効果を実感出来ない場合には、服用をすぐに中断してください。薬剤師や医師に相談 し、薬を変更する等の対象ましょう。

複数の生薬を長期間服用していると、薬剤に副作用として知られる「偽アルドステロン症」になりやすいと 言われています。防風通聖散は18種類の生薬が配合されているので、注意しなければなりません。
防風通聖散は体質に合っていれば、副作用も少なく安全な漢方薬です。服用する前に必ず裏面をチェックし、 決められた用法・容量を守るようにしてくださいね。

Copyrights © 防風通聖散徹底比較. All Rhights Reserved.