今人気のオススメ防風通聖散をご紹介!

本気で脂肪を落としたいあなたへ!防風通聖散徹底比較! 本気で脂肪を落としたいあなたへ!防風通聖散徹底比較!

防風通聖散のダイエットに効果的な飲み方

防風通聖散でダイエットをしようと思った時には、できるだけ早くしっかりと効果を感じたいですよね。
そこで大切なのが「正しい飲み方」です。 正しい飲み方が出来ていないと、その効果は半減してしまうことにも繋がります。
ここでは防風通聖散で効果的にダイエット効果を出すための、正しい飲み方についてご紹介いたしますので、始める時の参考にしてみてくださいね。

■基本の飲み方

漢方などの生薬は、胃酸で分解されることで高い効果を発揮します。なので、基本的には吸収されやすいようにお腹の中に食べ物が入っていない、食前(食事の約30分前)や食間(食事の約2時間後)などの空腹時に飲むのがオススメです。
食事の直前だと、その後すぐに食べ物が入ってきて一緒に流されてしまう可能性もありますので、防風通聖散を飲んだ後には30分程度時間を置いてから食事をとるようにしてください。

また、防風通聖散を飲む時にはお茶やジュースではなく、水やぬるま湯で飲むようにしてください。
東洋医学の考えでは、冷たい水を飲むのを避ける事が多いので、常温の水や白湯で飲むのが良いのではないでしょうか。

■防風通聖散を飲む時に大切なこと

防風通聖散を飲む時には飲むタイミングも大切ですが、なにより大切なことは「毎日3回忘れずに飲む」ということです。防風通聖散は即効性のある西洋薬とは違い、飲み続けることで体質を改善して代謝を上げ、健康的なダイエットを目指すものです。体質を改善していくことを考えると、長く継続して飲むことが大切です。なので、飲み忘れることのないように毎日3回を続けてくださいね。

■どんな形状の物を飲めばいい?

市販の防風通聖散には粒状のものと顆粒状のものがあります。しかし、どちらも生薬を煎じた液体から成分をエキスとして抽出したものです。
それならどちらを選んでも同じだと感じるかもしれませんが、粒状のものはその形を保つために「賦形剤」と呼ばれるものが含まれていることがあります。これは言ってしまえば「不要なもの」なので、顆粒状の物を選ぶようにするのがおすすめです。

また、粒状のものは食前に飲んでも吸収するまでに時間がかかるので、吸収されるタイミングと食事のタイミングが重なってしまうこともあり、吸収率が下がる可能性もあります。

■飲む時の注意点は?

防風通聖散を飲む時には、食前や食感に飲むのがおすすめだとお伝えしましたが、胃が弱い方など体質によっては胃痛や下痢などの副作用が出ることもあります。これらの症状を感じた場合には、完全に空腹のときではなく、少し胃に食物が残っている食後1時間後くらいを目安に飲むようにするといいでしょう。

Copyrights © 防風通聖散徹底比較. All Rhights Reserved.