今人気のオススメ防風通聖散をご紹介!

本気で脂肪を落としたいあなたへ!防風通聖散徹底比較! 本気で脂肪を落としたいあなたへ!防風通聖散徹底比較!

他の薬と飲み合わせても大丈夫?

防風通聖散を飲み始めるにあたって、他の薬との飲み合わせは気になりますよね。 頭痛がひどいから頭痛薬を飲もうとしても、防風通聖散を飲み合わせたらいけない成分が配合されていたら…と思うと、薬を自由に飲むことができませんね。今回は、防風通聖散と他の薬との飲み合わせについてご紹介 します。

■飲み合わせに注意しなければならない薬

防風通聖散は医薬品ですので、副作用が少ないといわれている漢方であっても、生薬が重複する場合などがあり注意が必要です。 漢方は効き目が穏やかであるという特徴があるので、深刻な症状が現れることが少ないとされていますが、甘草を含む漢方と一緒に服用する場合は気をつけましょう。甘草を大量に摂取することで、むくみや痺れ、手足のだるさに震え等の症状が現れる「偽アルドステロン症」を発症する可能性があります。

さらに、防風通聖散との飲み合わせで、特に注意したいのは西洋薬です。 西洋薬との飲み合わせでは危険度が大きく変わるので、飲み合わせるなら必ず医師や薬剤師に相談をしてから服用するようにしてくださいね。

防風通聖散との飲み合わせで特に危険だと言われている西洋薬は多々ありますが、咳止め薬に含まれている成分である「エフェドリン」と喘息、気管支炎の治療薬である「テオフィリン」との飲み合わせはしないようにしましょう。防風通聖散は副交感神経に働く薬とも飲み合わせが悪いのです。 特に「エフェドリン」との飲み合わせは最も危険な組み合わせなので、同時に服用することは避けましょう。 同日中に効き目が残っている期間は服用してはいけません。

■飲み合わせが悪かったらどうなるの?

防風通聖散との飲み合わせが悪かった場合に表れる症状は風邪の症状とよく似ていて、判別が難しいです。 防風通聖散と風邪薬を併用して、体のだるさが増した・咳や熱が酷くなった・手足が痺れるという症状が確認されれば、飲み合わせによる中毒症状である可能性があります。 その場合は、すぐに医師の診察を受け、飲んだ薬の内容を伝えて、対処してもらいましょう。

お腹の脂肪に適した漢方なので、ダイエットや便秘解消目的で飲む人が多く、痩せたりお通じが来たりと結果を出している防風通聖散ですが、飲み合わせに気をつけなければ中毒を起こしてしまうことがあります。 最悪の場合、命に関わるような状態になってしまうこともあるということを理解し、正しく服用するようにしてくださいね。

Copyrights © 防風通聖散徹底比較. All Rhights Reserved.